東京にまつわる苦い思い出

東京にまつわる苦い思い出

ゆとりのある通勤を心がけたい

都内に通うのは地獄。
でもしょうがない。
朝早く起きる、夜遅く帰る。
通勤は辛い。
最終電車で帰ると家に着くのが夜中の2時ごろは当たり前?
最終電車は曜日によるけれど、かなり混んでいます。
かなり遠方から都内に通っている人が多い、都内に向かう電車もかなり混雑している。
人身事故や鉄道の故障、台風、地震など、トラブルが起きると電車が止まる。
先日の台風の時でも、強風で電車が止まり、帰るに帰れない人も、台風や地震などの自然災害は滅多に起きませんが、人身事故は毎日のように起きています。
その都度電車が止まる。
電車通勤で嫌なのは、満員電車です。
特に夏の雨の日です。
車内が蒸し暑い、全然身動きもとれない。
辛いと感じます。
都内は地下鉄や鉄道などはとても便利なのですが、使いなれないと迷うことばかりです。
都内に通うには利用する路線を知り尽くさないと、上手く活用できないことです。
朝早い時間帯は本数も少なく、路線間の接続も悪い。
特にいそいでいる場合は注意が必要です。
知らない路線や普段使わない経路は、事前に調べないと迷う事になります。
早めに出かけてゆとりある通勤を心がけないといけません。
Copyright (C)2018東京にまつわる苦い思い出.All rights reserved.